リデンシル

リデンシルがバルジ領域の幹細胞を刺激する

 

リデンシルがバルジ領域の幹細胞を刺激する

リデンシル

育毛剤「リデン(REDEN)」に高配合され、高い育毛効果が注目されているのが「リデンシル」という成分です。「リデンシル」はスイスにある化粧品原料メーカー開発の育毛成分です。多くの育毛剤に配合されているミノキシジルの約2倍の育毛効果がリデンシルにはあるという研究結果も報告されています。

 

なぜリデンシルがそこまでの育毛効果があるのかというと、リデンシルはバルジ領域にある幹細胞を刺激することができるためです。バルジ領域という言葉はあまり聞きなれませんが、バルジ領域は髪の毛を生成するためには必要不可欠な細胞を作りだすことができる領域です。バルジ領域を刺激することで、髪の毛の元になる毛乳頭細胞が活性化されます。リデンシルには細胞をつくり髪の毛を増やす効果があります。

 

リデンシルが線維芽細胞の代謝の活発化

リデンシルには線維芽細胞の代謝を活性化させる効果もあります。線維芽細胞とは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などをつくるために必要とされる細胞です。これまでの研究結果によって、コラーゲンが不足すると髪の毛の抜け毛や薄毛が進行することがわかっています。そしてコラーゲンは年齢を重ねるごとに減少していきます。体内でコラーゲンやその他の物質をつくり続けるためには、線維芽細胞を活性化させる必要があります。リデンシルにはその効果があります。
つまりリデンシルを使うことで、髪の毛に必要な細胞をつくりながら、抜け毛を抑えて今ある髪の毛もさらに丈夫に成長させる効果が期待できます。

 

リデンシルが頭皮の炎症を抑える

抜け毛や薄毛を引き起こす原因の一つは頭皮環境です。刺激の強いシャンプーを使っていたり、洗髪の仕方が悪いと頭皮を傷つけてしまいます。またスタイリング剤などが頭皮ついたままにしておくことも頭皮の炎症を引き起こしてしまいます。

 

こうした症状を解消して頭皮環境を整えるためには、刺激を抑えたシャンプーを使うことや優しく丁寧に洗髪する必要があります。加えてリデンシルには頭皮の炎症を抑えて、必要な育毛成分をスムーズに浸透させる効果もあります。こうした効果を一層実感するために、育毛剤リデンは1日に朝と夜の2回の使用がすすめられています。

 

夜の洗髪後に、リデンシルの効果を発揮させるため育毛剤「リデン」を使って頭皮マッサージをすることで頭皮環境を健康な状態に保つことができます。リデンシルだけでも十分に育毛効果を期待することができますが、5αリダクターゼを抑制するためにはキャピキシルと併用することで更に育毛効果を上げることができます。

 

リデン公式サイト↓
リデン公式サイトはこちらhttp://re-den.com/
 

リデンシルに副作用はないのか?

 

リデンシルの効果とは?

リデンシルには、髪の毛のバルジ領域と呼ばれる部分の幹細胞に刺激を与える働きがあります。バルジ領域の幹細胞が刺激されることで、発毛に必要とされる毛母細胞が増殖することになります。

 

これまでの育毛成分には血流の流れをよくし、必要とする栄養素を頭皮や髪の毛に効率的に供給することで育毛を促すという特徴がありました。しかし、リデンシルは直接細胞を刺激し、細胞を増殖させることができるため、他の育毛成分に比べて高い育毛効果が期待されています。また育毛効果だけでなく、リデンシルは頭皮環境を整えて抜け毛を抑える効果もあることが研究結果によって実証されています。

 

リデンシルの副作用は?

これまでに認可されている育毛剤や発毛剤には、プロペシアやミノキシジルという成分が多く使われています。それぞれ内服薬として服用することができます。こうした育毛成分も医学的にその効果が実証されています。

 

しかしそれらの育毛成分も当初は育毛剤や発毛剤のために開発された成分ではありませんでした。プロペシアは前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として使われていました。そのため服用することで、性機能障害という副作用が発生する可能性があります。またミノキシジルは高血圧症の患者に使われていた内服薬です。そのため、低血圧の方が使用すると更に血圧が下がってしまう副作用があります。そして発毛効果が見られますが、頭皮だけでなく身体全体の毛が濃くなるという副作用も報告されています。

 

では、リデンシルを使用することで、どんな副作用が心配されているでしょうか?

 

リデンシルが配合されている育毛剤を使用した副作用はありません

 

リデンシルに副作用がない理由

リデンシルはスイスの化粧品原料メーカーによって研究開発された育毛成分です。原材料は化粧品成分として使用されている「チャエキス、マツエキス、グリシン、ピロ亜硫酸ナトリウム、塩化亜鉛、濃グリセリン」という安全な6つの成分です。そのため、プロペシアやミノキシジルのような副作用はリデンシルには発生しません

 

しかも育毛効果はミノキシジルの約2倍の効果があるという研究結果もあります。そのため現在非常に注目されている育毛成分となっています。もちろん、リデンシルに含まれる成分の中でご自分のアレルギー反応を起こす成分が含まれる場合には、使用しないほうがいいでしょう。

 

リデンシルの成分に副作用はないものの、他の育毛剤や発毛剤に比べるとコストが高くなるというデメリットはあります。

 

育毛成分リデンシルの特徴と働き

 

育毛成分リデンシルとは?

育毛成分リデンシルはスイスにある化粧品原料メーカー「induchem社」が研究開発し、現在話題となっている育毛成分です。これまでの育毛成分は血流を良くして、栄養素を毛根や頭皮に供給するという特徴がありました。しかしリデンシルは、髪の毛の中にあるバルジ領域という毛母細胞をつくる部分に刺激をあたえ、細胞を増殖させる効果がある、これまでにない育毛成分です。こうした方法で育毛を促す特徴があります。加えて頭皮の炎症を抑えることで、頭皮環境を整えて抜け毛を抑えるという特徴も兼ね備えています。

 

リデンシルの育毛効果はあらゆる研究結果や臨床試験によって実証されています。そして世界最大級の化粧品原材料展示会である「インコスメティック」において銀賞を獲得する成績を収めています。リデンシルは、日本の育毛剤メーカーだけでなく、世界中から注目されている育毛剤成分であることがわかります。

 

リデンシルの働きと特徴

これまでの育毛剤成分とは違った働きが特徴となっているリデンシルですが、その働きは2つの大きな成分によって可能になっています。

 

まず、DHQGという物質により、バルジ領域の細胞を刺激し増殖を促すことができます。またコラーゲン成分を作り出すさいに重要な役割をする細胞、線維芽細胞を活性化させる特徴もあります。これまでの研究によって、薄毛が進む原因の一つにはコラーゲン不足が含まれることがわかっています。体内でコラーゲンをつくるためには、線維芽細胞を活性化させることがとても重要です。

 

もう一つの成分は、EGCG2と呼ばれるものです。EGCG2によって頭皮の炎症を引き起こす成分インターロイキン-8を抑制する特徴があります。頭皮環境を整えることで抜け毛を緩和させる働きもあります。

 

リデンシルが注目されている理由

育毛成分リデンシルが注目されているのは、その育毛効果はもちろんですが、リデンシルは非常に安全性が高い育毛成分で作られていることにあります。これまでに育毛剤や発毛剤に採用されてきた育毛成分には何らかの副作用がありました。性機能障害や肝機能障害、体毛が濃くなるなどといったものです。しかしリデンシルにはこれまでのような大きな副作用の心配がないのは大きな特徴です。

 

リデンシルは「チャエキス、セイヨウアカマツエキス、グリシン、ピロ亜硫酸ナトリウム、塩化亜鉛、濃グリセリン」で構成されています。こうした成分はどれも化粧品の原材料として使われているため、副作用を心配することなく使用することができます。

 

リデンシルの欠点・弱点

 

脱毛酵素5αリダクターゼを抑制する働きがない

今注目を集めている育毛成分リデンシルには、これまでに多くの育毛剤で使われてきたミノキシジルの約2倍の育毛効果があるとされています。その育毛効果は毛母細胞を刺激して、細胞自体を増殖させるというこれまでの育毛成分とは全く違った形でアプローチする特徴があります。こうした驚きの育毛効果に加えて、リデンシルは副作用の心配がないとても安全性の高い育毛成分として開発されました。リデンシルを開発したのはスイスの化粧品原料メーカーであるため、リデンシルは現在化粧品に使われている原料6つから構成されています。

 

こうしてみると育毛効果も高く、安全性も高いので欠点のない育毛成分に思えるリデンシルですが、5αリダクターゼを抑制できないという大きな欠点があります。5αリダクターゼは男性ホルモン・テストステロンと結合することで、薄毛や抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンを生成します。この5αリダクターゼがAGA(男性型脱毛症)の原因とされています。抜け毛や薄毛で悩む男性の多くはAGAが原因であるため、リデンシルに5αリダクターゼ抑制効果が含まれていないのは、大きな欠点となります。

 

リデンシルはAGAには効果がないのか?

ではAGAが薄毛や抜け毛の原因である場合、リデンシルを使っても効果がないというでしょうか。一概にそうとはいえません。リデンシルにも頭皮の炎症を抑えるという、脱毛抑制効果が含まれています。しかしこの炎症抑制効果だけでは、5αリダクターゼの抑制ができないという最大の欠点を補うことは難しいです。

 

そのため、AGAが原因の場合には脱毛酵素である5αリダクターゼを抑制する働きがある成分を併用することで欠点を補うことができます。それがキャピキシルという育毛成分です。キャピキシルにはリデンシルの欠点となっている、5αリダクターゼの抑制効果が含まれています。それだけではなく、キャピキシルには髪の毛の固定力を高める効果もあります。リデンシルは髪の成長を促すので、成長した髪の毛が抜けないようにしっかりと固定できる働きは心強い特徴です。

 

それでリデンシルの働きを十分に発揮させ、尚且つ欠点を補うためには、リデンシルとキャピキシルが両方配合されている育毛剤を利用することができます。これによって、AGAの原因である5αリダクターゼを抑制し、毛母細胞を増殖させることができるので確実に薄毛や抜け毛を改善することができるでしょう。"

 

リデンシルが高配合された育毛剤

 

リデンシルが3.6mlも高配合されているのは、育毛剤「リデン」だけです。リデンシルの育毛効果はよくご理解頂けたと思います。後は、高配合された育毛剤を使うだけですね。

 

リデンシルの効果を求めたい場合は、育毛剤「リデン」が良いでしょう。サラサラでつけた感じがしない育毛剤です。

 

リデン公式サイト↓
リデン公式サイトはこちらhttp://re-den.com/