バルジ領域

バルジ領域とは?

 

これからの育毛、発毛を考える際にポイントとなるのが「バルジ領域」と言われています。普段生活している中では、殆ど耳にしない言葉です。また薄毛や抜け毛で悩んでいる男性でもバルジ領域という言葉を聞いたことのない方が少なくないでしょう。

 

バルジ領域」は、2000年に発見され髪の毛が健康に成長するためには欠かすことができない役割があるということが研究結果として明らかになっています。つまり発毛させるために「バルジ領域」をケアする必要があります。

 

バルジ領域の働き

 

バルジ領域は発毛には欠かすことができない役割を担っているため、その働きは非常に重要です。バルジ領域の中には発毛に必要な毛包幹細胞と色素幹細胞という2つの異なる幹細胞があります。この幹細胞が細胞分裂すると、毛母に細胞の元を供給することができます。

 

つまり「バルジ領域」が正常に働かない状態だと、それぞれの幹細胞は分裂せずに髪の毛の元となる毛母細胞をつくることができません。毛母細胞がなければ、幾ら育毛剤や発毛剤を使って頭皮を刺激しても発毛効果は実感できません。ですから、バルジ領域の役割は育毛と発毛には欠かすことができないとされています。

 

バルジ領域は育毛に欠かせない

 

髪の毛にはサイクルがあるため、どんな健康な髪の毛であっても最後には抜けてしまいます。しかし「バルジ領域」が健康的な状態だと、常に健康な髪の毛を育毛することができます。なぜなら、バルジ領域が健康だと2つの大切な幹細胞(毛包幹細胞と色素幹細胞)が細胞分裂を続けます。

 

その結果、丈夫でツヤのある髪の毛が成長していきます。「バルジ領域」の本来の役割を果たせないと、細胞分裂は起きないので艶やハリの髪の毛、もしくは白髪の原因となるとされています。

 

バルジ領域を活性化し育毛効果を!

 

「バルジ領域」が役割を十分に果たすために、私たちは何ができるでしょうか。それは「バルジ領域」を活性化させることです。「バルジ領域」が正常な働きをするように刺激を与えれば良いのです。

 

「バルジ領域」を活性化させ本来の役割を発揮させるのに効果的な成分は幾つかありますが、最近では「リデンシル」という育毛成分が注目されています。リデンシルにはバルジ領域を活性化させ、幹細胞の細胞分裂を促す役割があるという研究報告があります。「リデンシル」には、単に抜け毛を抑えるだけではなく、毛母細胞をつくることができます。

 

これまでは毛根の刺激と活性化が育毛には必須とされてきましたが、今後は「バルジ領域」への刺激と活性化が育毛で大きなポイントとなります。